毎日を眠たげに生きてます。 無断転載は勘弁。


by kanikaku

ファースト・ガンダムはオタク文化では無いらしい。

昨日、色々勉強になる話を聞いて
その話を参考にして物語を考えています。

以下、勉強になる話

K先生(以下 K)「ガンダムにアムロっているだろ?」
私(以下 蟹)「主人公ですね。」
友人H(以下 H)「それが?」
K「蟹殻、お前さんが絵を描くのは良い事だけど、ただ上手い絵を描くだけじゃ駄目なんだよ。もっと深い意味のある作品を作りたいのならば、いろんな人間性のある作品をもっと沢山見なけりゃいけないんだよ。」
蟹「はぁ・・・」
K「ガンダムはそういう人間性ってやつを学ぶには凄く良い作品なんだ。」
H「ガンダムが?」
K「そう、アムロは最初機会ばっかりいじってる内向的な奴だったろ? 自分が親から愛されてないって思っていて、それで機械いじりに逃げてたんだわな。 だけどガンダムに乗るって事になってから、段々と変わっていったわけだ。」
蟹「ええ・・・まぁ、そうですね。」
K「それで原作者の富野さんがこの作品を作るうえで皆に伝えたかったことが〝戦争って怖いことだよ〟ってことなんだわ。 最近の日本の自国に戦争しやすい法律をつくって行こうとする動きが、富野さんは嫌で嫌で仕様が無かったんだわな。 だけどたった一人の力じゃ日本中、世界中に、戦争やめろって言っても無理だろ?」
H「うん。」
K「だから富野さんは、自分の立場ってものをフルに活用したんだ。 アニメを作って、それを通して皆にメッセージを送ろうとしたんだよ。」
蟹「へぇー。」
K「最近のアニメや漫画はどうだか知らないが、どんな作品にもそういうメッセージが込められているんだよ、俺たちの世代のは特にな。 今で言うオタクってのが増えたのは、俺の中ではマクロスあたりじゃないかと思う。」
H「マクロスで増えたの?」
K「社会現象にまでなったくらいだからな。」
蟹「私はエヴァンゲリオンくらいからだと思ってた・・・」
K「それでまぁ俺が言いたいことは、そういうメッセージの込められた作品を作るには人間性が大切だってことだな。 ガンダムはただでさえメッセージ性のある作品なのに、戦後間もなく作られたから余計に心に響くんだわ。」
蟹「つまり人間性を学んで大切にすれば、どんな人にも響くような作品が作れるかも知れなくなる。と先生は言いたいわけですね?」
K「まぁ大体そうだわな。」
H「結構深いんだな、ガンダムって。」


補足すると、K先生は友人Hの部活の顧問で、私はHに部活のほうに連れらて、帰りにK先生に二人して車で送ってもらっているときの話。
先生が話し合いがしたいがために車で送ってくれました。
ラーメンまで奢ってもらって、本当にありがとう御座いました。

本当に考えさせられたので、その考えを書いてみたいと思います。
ブログにUPするかは気分次第でs
ちなみに私は帰宅部でs
[PR]
by kanikaku | 2005-10-08 18:07 | カニッキ